TOPページ>財団の概要

財団の概要

公益財団法人通信文化協会とは


明治41年5月25日、時の逓信大臣の認可を得て通信協会として設立。明治43年5月に財団法人逓信協会に改組され、初代総裁に逓信大臣後藤新平が就任。昭和39年7月に財団法人前島会と合体し発展してきました。

社会的信頼と責任ある地位を保持しより高い公益性を確保するため、平成23年10月27日内閣総理大臣へ移行認定申請、平成24年3月23日内閣府公益認定等委員会の諮問、答申を得て、平成24年3月28日認定書交付、そして平成24年4月1日に公益認定の登記を行い、公益財団法人通信文化協会となりました。

本協会は、公益目的事業として郵政博物館の運営、前島密賞の贈呈、通信文化の普及・発展等に関する事業を行い、もって我が国の手紙等文字コミュニケーション文化と情報通信・放送文化の向上に寄与することを目的としています。

 

※以下のファイルをご覧いただくにはAcrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerの最新版は、コチラからダウンロードしてご利用いただけます。
ご利用は無料です。

Acrobat Readerダウンロード


定款(PDF)
沿革(PDF)
役員名簿(PDF)
「国と特に密接な関係がある」公益法人への該当性について(公表)

平成29年度
平成29年度 事業計画書(PDF)
平成29年度
平成29年度 収支予算書(PDF)
事業報告書、財務に関する資料