TOPページ>お知らせ

公益財団法人通信文化協会

お知らせ

全 90件中、現在 41件目から表示しています。(1ページの最大表示件数は10件)
 

 

【2015.2.27】

企画展「郵政博物館開館一周年記念イベント」開催のお知らせ

郵政博物館では、平成27年3月1日(日)から3月8日(日)まで、開館一周年を迎えることを記念して、企画展「郵政博物館開館一周年記念イベント」を開催いたします。
          
          

   

 

【2015.1.27】

第60回前島密賞 受賞者決定のお知らせ

1月19日、第10回理事会がすみだ産業会館で開催され、16件、33名への受賞を決定しました。

   

 

【2015.1.20】

企画展「博物館で恋するヴァレンタイン Joyeuse Saint Valentin」 開催のお知らせ

 郵政博物館では、平成27年1月20日(火)から2月15日(日)まで企画展「博物館で恋するヴァレンタイン Joyeuse Saint Valentin」を開催いたします。

   
告知  

【2014.12.9】

北海道地方本部「平成27年新春の集い」開催のご案内

 北海道方本部では、札幌をはじめ旭川や函館、釧路、帯広の5市で「平成27年新春の集い」を開催します。
 開催地域にある日本郵政グループ各社の社員とOB、各界代表らが親睦を深めるとともに、新たな年のスタートを寿きます。
 ※参加ご希望の方は、各会場の申込先へご連絡ください。

   

 

【2014.12.2】

企画展「小池邦夫絵手紙展」−軌跡と未来−開催のお知らせ

 郵政博物館では、平成26年12月20日(土)〜平成27年3月29日(日)まで、企画展「小池邦夫絵手紙展」−軌跡と未来−を開催します。

 小池邦夫は手紙書きとしての創作活動を始めてから平成27年で55周年を迎えます。
 昭和35年東京学芸大学書道科に入学したものの臨書の日々に満足できず、有り余る芸術への思いをふるさとの友人に宛てて手紙に綴り始めました。

 飾らない心の表現、「手紙」の力に魅了され、文字と絵を素朴に組み合わせたスタイルのそれらを絵手紙として、より分かりやすく、より楽しめる手紙文化へと進化させていくことになります。
「ヘタでいい、ヘタがいい。」のキャッチフレーズと共に、多くの人々に向け絵手紙文化定着に尽力し続けることは、筆で文字や絵をかくというアジアの一部にしか残っていない文化を守り続ける活動でもありました。

 しかし、自らの手紙の世界観の確立は決して順調なものではなく、悩みと苦しみの中にともる小さな光を一つ一つ拾い集めるような日々でした。

 この展示では、どんな苦境の中でも芸術に対する消えない闘志を燃やし、自分の目指す世界へとにじり寄る小池邦夫の姿を、200点を超える作品を通して紹介します。

   

 

【2014.12.2】

企画展「小池邦夫絵手紙展」−軌跡と未来−関連イベント

    
 郵政博物館で、企画展「小池邦夫絵手紙展」−軌跡と未来−を開催している期間中に、小池邦夫講演会や申込制のイベントなど、多くの関連イベントを開催いたします。

   
告知  

【2014.11.27】

東海地方本部「賀詞交歓会」開催のご案内

 
 東海地方本部では、平成27年1月10日(土)にホテル メルパルク名古屋で、賀詞交歓会を開催します。
 ※参加ご希望の方は、東海地方本部へ12月19日(金)までに、「郵便はがき」又は「FAX」により「お名前・ご住所・電話番号」をお知らせください。

   

 

【2014.11.19】

企画展「はくぶつかん DE めりくり☆あけおめ!」 開催のお知らせ

 郵政博物館では、平成26年12月6日(土)から平成27年1月18日(日)まで、企画展「はくぶつかん DE めりくり☆あけおめ!」を郵政博物館多目的スペースで開催します。

   

 

【2014.11.18】

秋の叙勲・米寿祝賀会開催のお知らせ

 関東及び東京地方本部所属の会員で、今回勲章を受章された方と今年の前半に米寿を迎えられた方(昭和2年1月から6月誕生月の方)の祝賀会を11月20日(木)に開催いたします。
 出席を希望される方は、当日会場でお受けしますので、多くの方の出席をお待ちしています。

   

 

【2014.8.21】

企画展「逓信〜郵政建築展―吉田鉄郎の作品に見るその源流と発展―」開催のお知らせ

 郵政博物館では、平成26年9月13日(土)から12月14日(日)まで企画展「逓信〜郵政建築展―吉田鉄郎の作品に見るその源流と発展―」を開催します。
 明治4(1871)年の我が国における近代郵便制度発足後、郵便局等が数多く設計され、建てられました。逓信省・郵政省で設計に携わった職員(技師)からは、近現代の建築史に名を連ねる人物も多く輩出されました。
 本展では、その軌跡を概観するとともに特に、吉田鉄郎(1894〜1956年)の作品にスポットを当て、郵政博物館が所蔵する大阪中央郵便局原図をはじめ、彼が設計した建築や著作に関る資料をご紹介します。また、併せて吉田の後に逓信建築を受け継ぎ、郵政建築へと発展させたひとりである小坂秀雄(1912〜2000年)の代表作・逓信ビル(当館の前身逓信総合博物館はその一部)を中心に、戦後の郵政建築をご紹介します。

   
← 前へ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  次へ →